TOTAL ACCESS : +4313388



RANDOM PICKUP VREAPの過去の記事です。カーソルを合わせるとプレビュー表示

VREAPの過去の記事です。カーソルを合わせるとプレビュー表示

NEWS SCRAP
他サイトの気になる記事リンクです。
過去のアーカイブはこちら。

NEW COMMENT
最新コメントの一覧です。

OPTION
各ユーザごとに、表示の設定が変更できます。

記事は1つのページに 個(1〜80)表示する



前ページに戻る
 現在表示中の記事 241〜250 (計339) |   page 25 / 34 ]

次ページに進む

 320×240 px (2.4分の1に縮小)/ 8461 bytes
▲23:15 [LIVE] KAGAMI (TOKYO)

WIRE03 (www.wire03.com)
日時:2003年8月30日土曜日
開場:さいたまスーパーアリーナ
開場/開演:PM6:00

event
[ イベント ]

WIRE03日記

POSTED BY hungedman  | 2003.09.03 MON 22:54 | 返答 | 編集 | 削除
会場に着くなりオフィシャルグッズを購入。いやもうお祭りなんで、そういう気分を味わわないと。そして並ぶこと30分。チケットもぎってもらって、黒人にボディチェックを受けて、やっと入れる・・・と思ったらカメラ没収。・・・フロア以外は撮影OKって書いてあったのになぁ・・・でも持ち込んだら多分撮っちゃうけど。

・・・いやしかし聴こえてきます、キックの低音が。足早にメインフロアに向かい、とうちゃ・・・うおぉ、でかい!(→各DJのプレイについてはコメント部へ。)


 249×302 px (2.4分の1に縮小)/ 49114 bytes
book
[ 本 ]

ジョジョの奇妙な冒険:第7部、今秋スタート?

POSTED BY hungedman  | 2003.09.03 WED 23:06 | 返答 | 編集 | 削除
その昔の少年ジャンプ全盛期を作り上げたのは、「北斗の拳」「魁!男塾」「ドラゴンボール」等、幾多もの「格闘/バトル漫画」であったという意見には、多くの賛同を得られると思います。

現在なぜこの手のジャンルの漫画が影をひそめてしまったのか、ひとつの理由としては、戦闘力のインフレ化によるワンパターン、マンネリ化が目に見えてしまっているから、というのがあるんじゃないかと思うんですが、それに一石投じるものとして、この「ジョジョの奇妙な冒険」はあるんじゃないかと思います。

この作品もバトル物ではあるんですが、何が大きく違うかと言うと、他の「数値で計れてしまうような戦闘力」ではなく「与えられた特殊能力」で戦う、すなわち「先に相手の特殊能力を把握し、より相手の裏をかいた者が勝つ」、情報/知能戦であることでしょう。

たとえクリリンを塵にされてブチ切れようが、わしが男塾塾長なんたらかんたら・・・と叫ぼうがブチのめされるだけだということです(知らない人ごめんなさい)。

まぁそれはさておき、BEAMS×荒木飛呂彦ということで、コラボTシャツが発売されたようなんですが、問題はこのページの下部分。「2003 秋連載再開予定」・・・!渋谷でスクランブル交差点をジャックしたファン達も、これで報われるってもんだ!!!


 135×102 px / 3163 bytes
▲佐藤大(左)とキャピキャピおじさんTOBY(右)
music
[ 音楽 ]

WIRE03前々夜祭?

POSTED BY hungedman  | 2003.09.01 MON 06:44 | 返答 | 編集 | 削除
 え、今週の「TOBY&DAIのEnter The Nation」、WIRE03前々夜祭スペシャル!?・・・っておい、いつもどおりに駄弁ってるだけじゃないかっ。いいんだけどさ。
 「TOBY&DAIのEnter The Nation」は、俗称テクノのドイツ親善大使DJ TOBYとFROGMAN RECORDSの佐藤大によるテクノ・バラエティー番組。毎週木曜、深夜1時放送。なお今週の放送では、9月12日に出る、Mijk van Dijkの74分74曲MIXが20分ほど聴けます。なかなかキャッチ―でアゲアゲ。


 270×167 px (1.4分の1に縮小)/ 7818 bytes
etc
[ その他 ]

shop33 毎年恒例 ONLINE SUMMER SALE

POSTED BY hungedman  | 2003.08.29 FRI 12:24 | 返答 | 編集 | 削除
 テクノ小僧御用達、shop33が8/28よりオンラインセール中です。
 「今回はセール初登場のKLOMA、CCPに加えTAR、JULIUS、3F、ASYURAUnited BreaksENDENUE、ELFISHGRAPHICDESIGNTEAMといった人気ドメスティックブランドと、SABOTAGE、LITHIUM、UACTなどの輸入ブランドが定価の20%〜40%OFF。」
 だそうです。今年は「NUKE」無いのね。残念。


 250×250 px (2.0分の1に縮小)/ 27223 bytes
art
[ アート・デザイン ]

アンチFlashサイト

POSTED BY 闇のパープルヘイズ | 2003.08.26 TUE 11:27 | 返答 | 編集 | 削除
早速ですが、このサイトはヤバイよ!
エメージェンシーランプ付きっぱなしだYO!

「fight the flashism」という思想の下に、javascript、VBscript、Shockwaveをフルに使って作られているサイト。
flashやjavaで作られてるこの手のサイトは数あるけれど、
jsやvbのスクリプティングでここまでやってるサイトは見たことないです。

個人的に好きなのは、「fuckerysfuckinginternet」


 240×180 px (1.3分の1に縮小)/ 10960 bytes
▲FUJI ROCK FESTIVAL オフィシャルサイト
event
[ イベント ]

FUJI ROCK FESTIVAL '03

POSTED BY hungedman  | 2003.07.22 TUE 13:58 | 返答 | 編集 | 削除
23〜28日までフジロックのスタッフとして働いてきます。以下係員要項。
------------------------
・自給800円
・一日あたり13時間労働
・服装・・・チノパンorジーンズ(破れてないもの)、スニーカー(短パン・サンダル厳禁)、帽子
・持ち物・・・健康保険証のコピー、日焼け止め、長袖Tシャツ、ペットボトル、携帯灰皿、宿泊セット
------------------------
なんかスタッフの宿泊施設は、中学生とかが「宿泊学習」で泊まるようなとこらしく、いよいよもって「仕事」よか「イベント」って気分・・・。(コメント部にUNDERWORLDのライブレポート)


 232×204 px (1.5分の1に縮小)/ 25361 bytes
pc
[ テクノロジー・PC ]

夏休みの課題はいつも9月1日。

POSTED BY naoki nozawa  | 2003.07.30 WED 00:04 | 返答 | 編集 | 削除
ハイ、というわけでいきなりだけど今年の夏休みの課題(denn確定)はコレ。
「PICライター」
「PICブレークアウト」
の2本。
一部で盛りあがりを見せてる電子工作だ!
ん?ナンのことかわからない?
それでは、1から純を追って説明するのです。
いや、市川準を夫とするのです。
いや、石狩川の自然をまもるのです。
ダムはつくっちゃイカンのです。
なにがなんだか。
気を取り直して、丁寧かつ簡潔に説明すると、まず、PICというのはホビーユースに浸透している、
書きこみ可能なマイコンチップの事で、12、14、16ビットの3種のアーキテクチャをもち、
CPU,RAM,ROM,IOポートを一つに備えた・・・

//以下中略

なのである。
というわけで「PICブレークアウト」というのは、ワンチップで製作される、映像出力と音声出力をもったTVゲーム(ブロック崩し)なのであり、
そして、これを製作するには、どうしてもプログラムをチップに書きこむ「PICライター」が必要なのです。

で、電子工作に目覚めてしまった
そんなアナタのために参考になるリンクを紹介です。

●巣立ち編

電子工作入門:その名のとおり入門者向けのコンテンツ多数。かとおもいきや、
トップにはペルチェ素子冷却装置が・・・いい具合にMADです。まずはここから。
http://www25.cds.ne.jp/~kamiken/electro/d_menyu.html

電子工作の実験室:なんか大学の教科書っぽい書き方だなー、と思っていたら、本を出されてるみたいです。
でもソレだけに写真付きで細かく部品を説明してたり、参考資料的価値高し。
http://www.picfun.com/

●帰郷編(PICライター)

シリアルポート接続PICライターの製作:寸分まごうことなきページタイトル。
僕はここをメインに読んでました。ミスのフォローから書きこみソフトの説明まで情報量、質ともに文句ないです。
http://cgi.biwa.ne.jp/~jr3roc/pic/

PICライターの製作:まごうことなきページタイトルその2。
\1000以下で作るPICライター:まごうことなきページタイトルその3。
どちらも、上述のページで使用されてた回路図をもとに製作。
http://taihei.cc/pc/review/pic.html

2000円以下から始められるPIC入門:ここではライターからブレークアウトまでの製作日記。
http://homepage2.nifty.com/hijiri~/develop/pic/PIC00_test00.htm

●初恋編(PICブレークアウト・画像参照)

さてここまで書いて気付きました。
「PICブレークアウト」の製作は、「トランジスタ技術1997年5月号」の記事なので、
WEBでは、感想、製作日記等にとどまり、製作の参考になるページがみつからなかったです。
よって採れる行動は、1、バックナンバーを買う。2、工学系の学校の図書館等でコピー。等。
ちなみにCQ出版ではバックナンバー記事のコピーサービス(1ページ100円だったかな?)もしてるみたいなので
欲しい人はそちらを利用するのも手かと。


ワンチップマイコン使用・ブレークアウトゲーム :製作者本人のページ。でも、情報少なすぎます(泣)
これだけの回路でビデオ信号(NTSC)を生成して効果音もでて、アナログ入力で。。。おそろしか!
http://www.ops.dti.ne.jp/~ishijima/sei/elec1/bogame.htm

PICマイコン:上記の製作日記。
ちなみに写真のチップの上にある青いパーツが水晶発信機。
マイコンはCPUでもあるので当然クロックで動作するのだけど、
そのクロックを作り出す(!)のが発信機な訳です。ちなみに動作クロックは10MHz。
指で触れると画面が歪んだりしておもしろい。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tomonari/PIC/PIC.html

●海外版

Rickard's electronic projects page:電子的冒険野郎は海外にもいた!
しかもPONGだけじゃなくてTETRISまで作ってる!つーかカラー化も成功してる・・。
ってなんだそりゃー!?スプライト処理もされてるし・・・作るならこっちだ!
http://www.rickard.gunee.com/projects/video/pic/gamesys.php

※余談だけど、今日岩井俊雄の講演会?に行ってきました。直接お話もできた(!)のだけど、岩井さんも最近PICを勉強されてるらしいです。
作る行程が一番たのしいって言っていたのが印象的でした。今日はひとりでにまにましてそうです。いやー、いろんな人がいるし面白かった。

※余談2 ipodのブロック崩し見た時にこの話をしようかと思ったんだけど、直接見た方がショック受けるよなーと思って、内緒にしておいたのでした(わはは)


 168×240 px (1.3分の1に縮小)/ 7727 bytes
▲(c) 2002 神林長平・早川書房/バンダイビジュアル・ビクターエンタテインメント・GONZO
(c) character and anime.com

movie
[ 映画・映像 ]

戦闘妖精・雪風

POSTED BY hungedman  | 2003.07.17 THU 15:44 | 返答 | 編集 | 削除
 原作が小説/漫画の作品が映像化されると、決まって「原作の良さが損なわれてしまっている」という論評を目にします。決められた尺の時間に収めるのだから、原作の全てのよさを表現するなんてことは無理に決まってんのに・・・。いちいちそんな分かりきったことつっこむなよ、と毎回思うんですが。そんなのリミックスにしかなりえないんだから。映像化スタッフが着眼した原作のよさはどういう部分なのか、とか考えるほうがオモロイと思うんですが。

 さて、そんなわけで、1984年に発表され、日本SFのオールタイムベストでは必ず上位にランクインする神林長平著「戦闘妖精・雪風」が映像化されました。

 南極大陸の一角に突如出現した巨大な霧の柱。それは異星体ジャムの地球侵略用超空間通路だった。地球防衛機構は通路の向こう側、惑星フェアリイ上でジャムの侵略を食いとめるために、フェアリイ空軍を設立し、前哨基地を置いた。30年以上に及ぶ人類とジャムの戦いに、今だ終わりは見えない・・・(公式サイトより)

 製作は、「青の6号」で当時としては例の無いほどに3DCGを2Dアニメに持ち込んだGONZO。今回も空中戦などに3DCGが導入。2Dパートとの違和感もほとんど無く、この技術力はさすが。メカニカルデザインにはエヴァのデザインで有名な山下いくと。あと「えっ?」と思ったのが、主題歌がムッシュかまやつ!!全5巻リリース予定で、現在は2巻までが発売中。

 原作者の話では、原作で描きたかったことは「人間に理解できない存在とのコミュニケーションは可能か、といった問題提起」、「『他人のことなど知ったことか』とうそぶく主人公・深井零が、人間性を取り戻す過程」だそうです。後者に関しては、「現実にそのような若者が増え続けているような気がして危機感を抱いたということもあります。」とのこと。この辺が映像化に際してどのように表現されていくのか、なかなか楽しみな作品。


関連リンク

「戦闘妖精・雪風」
DVD 全5巻 各¥5,800

「戦闘妖精・雪風」
プロモーションムービー
(Windows Media ストリーミング)

「戦闘妖精・雪風」
オリジナルサウンドトラック

原作本
「戦闘妖精・雪風〈改〉」
ハヤカワ文庫 JA 版 \700

原作本
「グッドラック 戦闘妖精・雪風」
ハヤカワ文庫JA版 \860

X-BOX用ソフト
「戦闘妖精雪風〜妖精の舞う空〜」
(8月7日発売)



 180×205 px (1.1分の1に縮小)/ 13913 bytes
▲企画/戦略がどうあれがんばってほしいもんですが

「JUEMILIA - All The Things She Said」
UPCH-5192 \1,000(tax in)
music
[ 音楽 ]

ビバ。日本人のパクリ精神。

POSTED BY hungedman  | 2003.07.03 THU 16:55 | 返答 | 編集 | 削除
 日本人って海外のものを自分流に解釈してアレンジするのが上手だとよく言われますよね。よく例にあげられるのは、江戸時代、海外の「鉄砲」を日本人流にアレンジしていった、という話。他にも、当時「7人の侍」みたいな物語が流行ってたんですが、それを全員女にしたような物語も作られてたりと、なかなか楽しげな性癖をもった種族です。

 しっかし今回のこれはさすがに脱帽と言うかなんというか。ある意味この開き直り具合は尊敬に値する??秋元康が絡んでいるところも、「お約束感」があってよろしい。

 すっかり世界で大ブレイク中の「t.a.t.u.」ですが、日本版「t.a.t.u.」の登場です。名前は「JUEMILIA」。まぁ「t.a.t.u.」の「All The Things She Said」を日本語で歌ってて、正式なパクリではあるんですが。

 デビューシングルはオリジナルの楽曲なので、結成当初は「t.a.t.u.」をパクるつもりじゃなかったのか?と一瞬思いましたが、でもそのころ既に「t.a.t.u.」はじわじわと世界に浸透しつつあったし、そのときに「おっしゃ!これパクろ!」と思ってて、とりあえず1stはオリジナルで出しといて、「まんまパクリじゃないよ〜」という言い訳を作る戦略だった・・・っていうほうがオモロイなぁ。

 ・・・しかしこうなってくると、「推定少女」の立場は一体どうなるんでしょうか。エロさでいえば彼女らのほうが勝ってるぞ!!

 と、そうこうしてる間に1stシングルを聴いてみたんですが、こりゃあ「Flip Flap」ばりのさわやかポップ。・・・てことはなにか?今まで女の子デュオがやってきたことをなんでもパクってくれるユニットなのか?それならそれで「ごった煮感」があっていいかも。

 てことで、「お、かわいい」と思ったあなたや「モデル界から芸能界入りかぁ・・・松浦亜弥ばりのプロ根性を持つほどになってほしいもんだ」というあなた、「でもとりあえずは『推定少女』の『席替え』ばりのエロPVを作ってくれよおれのために!」というナイスガイな貴方。応援してみてはどうでしょう。

余談:レズビアンって妖美/背徳な感じになって変態感があまり感じられないんですが、この人たちの変態っぷりはなんとかならんのでしょうか。・・・いや、違うな・・・彼らはやっぱりこれでいいんですよね・・・。


 150×200 px / 16436 bytes
▲Invitation NO.05 7月号 680yen
「ジャパニーズ・ドリームはアニメにある」
book
[ 本 ]

「ジャパニメーション」に鉄槌を。「ジャパニーズ・アニメ」に花束を。

POSTED BY hungedman  | 2003.06.27 FRI 22:09 | 返答 | 編集 | 削除
 「アニメ、好きですか?」と聞かれると、ほんとは大好きなのにどうしても胸を張って「・・・めっちゃ好きですが、何か?」とは答えられないあなた。そう、あなたのためにこの雑誌の今月号は出ました。

 「ぴあ」が割と最近創刊したカルチャー誌、「invitation」の今月の特集は「日本のアニメ」。これだけならそんなに珍しくはないんですが、今回の「invitation」での特集は、かなり力入ってます。それでこんなにプッシュするわけです。

 日本のアニメ界に絡むキーパーソン、ほとんどにインタビューなどとっており、大友克洋、鈴木敏夫、押井守、新海誠、渡辺繁、石川光久、いしかわじゅん岡田斗司夫今敏、曽利文彦、GONZOMADHOUSEBONESPIXAR(海外)…果ては北朝鮮のアニメ事情まで!大友克洋ではもちろん新作の「スチームボーイ」(制作期間8年、総製作費24億円)、押井守では攻殻機動隊の正式な続編「イノセンス」情報/エピソードが。

 個人的に面白かったのは押井守近辺。まさか「彼と仕事をすることはこの先ないだろう」と言っていた鈴木俊夫と一緒に仕事をすることになるとはねぇ・・・。

 押井守いわく、「前の攻殻1とイノセンスの関係は、パトレイバー1の関係に似てる」だそうで。パトレイバーでは、1は大衆に優しいエンターテイメントに準じていて、2は監督のやりたい放題の論文チックな作品になってたんですが、そーいうことなのか???(個人的にはパトレイバー2はかなりポイント高い作品なんで、なお楽しみなんですがね。)あと「BSマンガ夜話」フリークとしては、いしかわじゅん+岡田斗司夫対談のページを見た瞬間、対談ていうか雑談なんじゃ?と思ってしまったところ(笑)。(ちゃんと内容のある感じになってたので安心・・・)

 とにかく、雑誌の半分が特集で占められており、読みごたえあります。雑誌を即買いしたのはひさしぶり。監督、プロデューサー、アニメスタジオ・・・いろんな立場の人をよくこれだけ集めたもんだ。

 そんなわけで、スチームボーイ遅すぎだよ!でもやっぱ新情報は見たいというあなたや、攻殻の続編でんの!?マジ!??というあなた、大衆を動かすプロデューサーの考えを読みたい方、アニメスタジオ事情が知りたいあなた・・・え、どれにもあてはまらない?じゃあ、永作博美のグラビア写真が4ページ載ってるので、それでどうですか。はい。

前ページに戻る

 現在表示中の記事 241〜250 (計339) |   page 25 / 34 ]
次ページに進む


ADVERTISE
BBS
BLOG SEARCH
ブログ総合サイトから、関連記事を検索できます。

Myblog japan
はてなダイアリー


トップページ / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30 / 31 / 32 / 33 / 最終ページ


THANK YOU FOR YOUR INTEREST IN


MAIL
RSS 1.0/ RSS 2.0 / ATOM [ SHIFT-JIS ]
RSS 1.0 / RSS 2.0 / ATOM [ UTF-8 ]
RSS 1.0をBulkFeedsで表示
OLD CONTENTS [〜2002.06.20]
about MEGADEMO & NETLABEL


Copyright © 2000-2004
VREAP GATHERING SYSTEM Some Rights Reserved.