TOTAL ACCESS : +4249912



RANDOM PICKUP VREAPの過去の記事です。カーソルを合わせるとプレビュー表示

VREAPの過去の記事です。カーソルを合わせるとプレビュー表示

NEW COMMENT
最新コメントの一覧です。



← 前の記事
「あなたのロボット像ってどんなものですか?」
次の記事 →
「DYNABOOK + REALFLEET」
 240×156 px (1.2分の1に縮小)/ 10134 bytes
▲イベントグッズ。左から、劇中でバトーが買うドッグフード…を模したクッキー。挿入歌のシングルCD、プロモDVD
movie
[ 映画・映像 ]

イノセンス試写会レポ

POSTED BY hungedman  | 2004.02.14 SAT 15:59 | 編集 | 削除
押井オタ的視点(個人的分析)で、感想を書いてみます。

最初に思うのは、以前紹介した押井守×鈴木敏夫対談の時も書いた、押井守の「内的変化」、これがよく現れているなぁと思いました。どういうことかというと、過去にはなかった(と思う)、「視聴者の感情に直接訴えるシーンが結構多い」、そして、予想外にエンタメシーンが割とあった。前回の「Avalon」はサービス精神の固まりだけみたいな映画だったという印象なんですが、この時点ではそれが押井守の内的変化の表れとは思わなくて、たまたまエンタメに徹する映画を作ったんかなと思ったもんですが、この時点から既に大きく変わるものがあったのかもしれない(…短絡的か)。

押井守は今まで、映画という枠の中で、「アニメ」と「実写」の間を行き来して、映画というものについて模索してきたように思われるのだけど、それはずっと方法論・ロジックに終始していたんではないかと。しかし今回、新しい回答を見せられたように思う。それはやはり先も言った「感情に直接訴える」ということ。
つまり、今までずっと左脳だけ使ってたけど、右脳も使ってみるか、みたいな感じかな…。うまく言えない。(…別に実際今までの作品が左脳だけで作られたという意味ではありません)

[関連リンク] イノセンス公式WEB / ProductionIG イノセンスページ / 押井守非公式ナイト
[面白かった他サイトのレポ] 当日のイベントレポ / 押井守×川井憲次インタビューレポ / イベント自体に対する考察 / 野良犬の塒

この記事にコメントを書く


N A M E … 必ず入力してください。
P A S S - N O   ・・・ 指定しない場合、誰でも削除可。8文字まで。
C O O K I E …チェックを入れるとクッキー削除
M A I L
W E B
T I T L E

T E X T

[ タグ挿入リンク(<a>) | 囲い枠(blockquote) ]
  • タグが使用可
  • リンクは手動で張ってください(上記挿入ツール推奨)



    F I L E
  • 64KB (65536 bytes)まで。対応画像ファイル: GIF, JPG, PNG
  • 日本語のファイル名ではアップロードできません。

    右側に配置 左側に配置
    画像の上にバーを付ける 画像をそのまま表示する
  • 自分ででこぼこな形にトリミングしたり、枠をつけたりした場合は「そのまま表示」して下さい。

    F I L E - C A P T I O N
  • 画像の下にキャプションを入れることができます。▲は入れないで下さい。
  • タグが使用可
  • #

    ADVERTISE
    BLOG SEARCH
    ブログ総合サイトから、関連記事を検索できます。

    Myblog japan
    はてなダイアリー


    トップページ / 最終ページ


    THANK YOU FOR YOUR INTEREST IN


    MAIL
    RSS 1.0/ RSS 2.0 / ATOM [ SHIFT-JIS ]
    RSS 1.0 / RSS 2.0 / ATOM [ UTF-8 ]
    RSS 1.0をBulkFeedsで表示
    OLD CONTENTS [〜2002.06.20]
    about MEGADEMO & NETLABEL


    Copyright © 2000-2004
    VREAP GATHERING SYSTEM Some Rights Reserved.